2010年04月21日

「国産100%」実は外国産100% 神戸の精肉店(産経新聞)

 「国産牛」と表示して外国産牛の内臓を販売するJAS法違反があったとして、兵庫県は20日、神戸市兵庫区の精肉店「牛家(ぎゅうや)」に対し、同法に基づく改善指導を行った。同店の店頭表示は「すべて国産」だったが、実際には“すべて外国産”だった。

 今年3月上旬、近畿農政局に「店頭表示がおかしい」との情報が寄せられ、同局の調査を県が引き継いで調べた結果、少なくとも今年2月17日から3月16日までの間、本店を含む2店舗で販売した牛の内臓977キロすべてが外国産だったことが判明。店頭表示は「国産100%」で、同店は県に対し「表示を間違えた」などと釈明したという。販売価格は他店の外国産よりも安かった。

【関連記事】
果物産地偽装で三セク会社に改善指示 熊本県
「魚秀」が所得隠し ウナギ産地偽装の工作費
「魚秀」が所得隠し1.2億円 ウナギ産地偽装の工作費
タケノコ産地偽装、徳島の業者に有罪判決
アサリ産地偽装業者に有罪判決、罰金300万円 熊本
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

略称「日本」波紋 規定なし「たちあがれ」に「新党日本」不快感(産経新聞)
民主、首長選で苦戦…衆院選後29勝37敗(読売新聞)
神奈川県箱根町 満開のサクラが雪化粧 積雪10センチ(毎日新聞)
坊っちゃんは新潟出身? 帝大時代の漱石教え子説(産経新聞)
共同通信職員を傷害容疑で逮捕 駅員に暴行(産経新聞)
posted by タベイ カズヒサ at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。