2010年04月27日

全国初の区分審理で懲役6年6月=裁判員対象外は裁判官のみ審理−大阪地裁(時事通信)

 8事件で起訴され、裁判員裁判対象の強盗致傷罪と対象外の強盗、恐喝などの罪を区分審理された元プロボクサー、トーレス・マルティネス・健文被告(22)の裁判員裁判で、大阪地裁(和田真裁判長)は26日、対象外事件も含めた全体で懲役6年6月(求刑懲役12年)を言い渡した。
 区分審理は、1人の被告が多数の事件で起訴された際、裁判員の負担軽減のため審理を分割する方法。裁判員法で規定されており、判決が言い渡される初のケースとなった。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
ホテルに強盗、女性従業員刺す=あごに重傷、6万奪い男逃走
3人目の殺人立件は断念=捜査本部解散へ
刑事に失敗許されぬ=「裁判員も参考に」
20キロ歩きコンビニ強盗=「疲れた」と自首

ワクチン研究開発の問題点でヒアリング―予防接種部会(医療介護CBニュース)
外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相(医療介護CBニュース)
<仙谷担当相>「介護福祉士試験を柔軟に」認識示す(毎日新聞)
石原都知事「与党党首に帰化人」 福島氏が否定 発言撤回要求(産経新聞)
県民大会、首長39人が参加へ=普天間県内移設反対で−沖縄(時事通信)
posted by タベイ カズヒサ at 12:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。