2010年04月19日

<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)

 警察庁は16日、有識者が死因究明のあり方を検討する研究会の4回目会合を開き、変死体の発見時に事件性を見逃した事例が98年以降39件あったことを報告した。大相撲時津風部屋の力士急死事件などが含まれる。見逃しは遺体の状況を見誤ったり捜査が不十分だったことが要因。研究会は遺体の検視や解剖の体制などについて検討を進め、6月に中間報告を出す方針。

【関連ニュース】
福岡発砲:「暴力追放運動、全面支援」…警察庁長官が視察
警察庁長官:北九州の暴力排除「住民運動を全面支援」
警察庁:警官不祥事に長官「遺憾」
警察庁長官銃撃事件:アレフが都公安委に苦情申し立て
立教大生殺害:警察庁が捜査特別報奨金制度の対象に決める

「トラスト・ミー」首相が自ら招いた対日不信(産経新聞)
「ドミノなかった」離党4人で自民に安堵の声(読売新聞)
「舛添氏、政局に関係ない」=民主・渡部氏(時事通信)
胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)
コンビニ侵入に失敗の後、路上強盗を自作自演(産経新聞)
posted by タベイ カズヒサ at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。