2010年03月31日

民主・自民両党首脳“ニアミス”(産経新聞)

 民主党の鳩山由紀夫首相、小沢一郎幹事長らと、自民党の谷垣禎一総裁、大島理森幹事長らの両党首脳クラスが24日夜、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ内の料亭「なだ万」でそれぞれ会合し、ニアミスする一幕があった。取材に駆けつけた記者団からは「すわ大連立?」との冗談も出たが、自民党の集まりを終えて店から出てきた河村建夫前官房長官は「鳩山首相も来ていたの?」と、初耳の様子だった。

准教授を停職6カ月=「性的暴行」女性が訴え−大阪大(時事通信)
<爆発>深夜のトヨタ工場で作業中 1人軽傷 愛知・みよし(毎日新聞)
警察庁困惑「検証しようがない」…毒ギョーザ(読売新聞)
ポルノは人間にとって悪いものではない
中学校長が児童ポルノ集め? ファイル名に「ロリータ」「14歳」(J-CASTニュース)
posted by タベイ カズヒサ at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

外国から学ぶ貪欲さを 「産経志塾」で明石康氏講義(産経新聞)

 21世紀を担う若者の人間力育成を目指す「産経志塾」が26日、東京都千代田区の産経新聞東京本社で開かれ、元国連事務次長で国際文化会館理事長の明石康氏との昼食会と、ジャーナリストの櫻井よしこ氏による講義が行われた。

 国連という国際舞台で長年活躍してきた明石氏は、「日本人と英語」をテーマに講義。海外に留学する日本人学生の数が減少していることについて、「最近の日本人はリスクを取ることに慎重になっているんじゃないか」と懸念を示した。

 そのうえで、「若い時代は、多くの友人や先輩、外国に行って外国の人からも学ぶことが大切。貪欲(どんよく)であってください」と塾生を激励した。

 櫻井氏は、日本の存在が国内外で小さくなっている状況を問題視。「外交力と軍事力がバランスよく整備された正しい民主主義国家の確立」を訴えた。

「橋下新党」4月中旬旗揚げ=府議会内会派は1日発足−大阪(時事通信)
しばたはつみさん 死去57歳、歌手 「合鍵」などヒット(毎日新聞)
「考えに変わりない」小林氏、改めて辞職を否定(産経新聞)
一括交付金「総論賛成・各論反対」省庁が大合唱(読売新聞)
31日に2度目の党首討論 (産経新聞)
posted by タベイ カズヒサ at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。